新卒採用応募
新卒採用応募

STEP.1 ジョリーパスタの
お店働く人を知ろう!

全国のジョリーパスタの店では、クルーと呼ばれるパート・アルバイトの人たちを含め4500人以上の人が働いています。
ここでは一般社員、店長、エリアマネージャーというお店の中心になって働いている人たちを紹介します。
皆さん、どんなことを考えながら仕事をしているのでしょうか。

Operation オペレーション

失敗も次の成長に活かす。それがジョリーパスタのスキルアップ術です。

安代 彩乃(一般社員 2018年入社)

 学生時代に食品の安心・安全に関する勉強をしていたことと、アルバイトでの接客経験からジョリーパスタへの入社を決めました。今は調理と接客のオペレーションを、確実に身に付けることを第一に働いています。日々の業務で何よりもうれしいことは、お客様から「おいしかった」「ありがとう」というお声を頂戴したとき。この仕事を選んで良かったなと感じる瞬間です。

 現在の店舗に配属されて、最初に店長から「ちゃんとフォローするから、たくさん失敗をしなさい」というアドバイスをいただきました。失敗を恐れるのではなく、失敗に向き合って原因を追求すること。それこそが次の成長につながる原動力だと実感しています。

Control コントロール

店舗運営をすべて管理。中でも優秀なクルーの育成が店長の重要な任務です。

菊永 宏信(店長 2013年入社)

 ジョリーパスタが大好きで、高校から大学まで6年間アルバイトを続けて、そのまま入社しました。店長に登用されて3年になりますが、会社の成長とともに自分もスキルアップできることが、この仕事の魅力です。特に近年は、店長自らが店舗運営の中心となるのではなく、オペレーションを任せられるクルーの育成が重要な任務に移行。私がいなくても、アルバイトだけで完璧にお客様対応できる店を目指しています。

 中でも苦心しているのが、おもてなしの心を教えることです。何もできなかったクルーが、責任者として素晴らしいリーダーシップを発揮するまでに成長して、お客様からお褒めの言葉をいただいたときなどは、まさに店長冥利に尽きますね。もっと頑張ろうというモチベーションにつながります。

Manage マネジ

子どもたちを優先した期間、地域限定社員を選択しました。

中野 由美(GSM※/1998年入社) ※Grand Store Manager

 子どもたちが学校へ通っていたので、地域限定社員で働くことを選びました。引っ越しをしなくていいお店に勤務でき、自宅から通えて助かりました。今、自分の店を含めて複数の店舗を統括できるようになったのも、キャリアを中断することなく、働き続けることができたからだと思います。
 子どもたちも大きくなって、最近では「お母さん、転勤でどこかに行っても大丈夫よ」なんて言ってくれるようになったので、そろそろ働き方を変えてもいいのかなと思っています。

 上司からは、もっと上の職位を目指すように言われています。私もそのつもりです。地域限定社員として働いている間、多くの人たちに助けられました。今度は、私がまわりの力になりたいと思います。
 多くの働く仲間の人たちとしっかりコミュニケーションをとって、大きなブロックも統括できるよう、努力していきたいと思います。

地域限定社員制度多様な働き方のニーズに対応した制度。

地域限定社員制度は、子育てや介護などでキャリアを中断することなく、柔軟に働き続けられるように配慮した制度です。
培ったスキルを生かしながら働くことができ、この制度の適用期間中は転居を伴う異動はありません。
一般社員に切り替えることも可能です。

STEP.2ジョリーパスタの
能力開発ステップ
を知ろう!

ジョリーパスタには、社員の能力を高める5段階の開発ステップがあります。
オペレーションからはじまり、コントロール、マネジ、マネジメント、そしてアドミニストレーションという順で学んでいきます。
これらはそれぞれ独立して存在しますが、オペレーションから積み上げていくことで、
最終的な経営能力(アドミニストレーション)を習得することができます。

  • オペレーション

    店舗運営に必要な「作業」を、決められた時間内にマニュアル通りに行うことができる技術を身につけます。
  • コントロール

    計画期間の途中でも、実績を計画に近づけるためにフレキシブルに作業方法・内容を変更し、計画をコントロールすることができる能力を身につけます。
  • マネジ

    部下や資産を自分の思いのままに活用・運用して、最終的に目標を達成する能力を修得します。
  • マネジメント

    より実践的な店舗経営の能力を身につけるために、数字を計画通りに安定させることができる技術と能力を磨きます。
  • アドミニストレーション

    経営政策の決定と展開のノウハウを修得。また店舗経営に関する多肢にわたる高度な管理能力を修得します。

STEP.3ジョリーパスタの
お店支える人
を知ろう!

ジョリーパスタにはお店を陰で支える部署がたくさんあります。
それらの部署はどんな仕事をしているのでしょう、そして、どんな人たちがどんな使命感を持って働いているでしょう。
ここではメンテナンス課、システム管理課、仕入課という3つの部署で働いている人たちを紹介します。

いつもおいしいパスタを提供できるのは、
きちんとメンテナンスされた機器があるからです。

中村 一隆(メンテナンス課課長/2000年入社)

 店舗の設備機器の修繕がメンテナンス課の基本的な仕事です。壊れてから修理するだけでなく、経年劣化を見越して新しいものに入れ替えることも私たちの役目です。機器が急に壊れてしまうとお店の営業に差し支え、お客様に迷惑をかけてしまいますから。

 私はお店で働いているころから、設備機器に興味を持っていました。何が壊れやすいとか、壊れたら早く直さないとお店が困るのはどの機器なのかなど、関心を持って見ていました。それが今につながっています。メンテナンス担当になって専門知識も増え、どうすれば機器が長持ちするのか、いい状態を保つことができるのか、お店で働く人の立場に立ったアドバイスもできるようになりました。こうした専門的な知識をわかりやすくお店に伝えることのできるマニュアルなども整備していきたいです。
 ジョリーパスタのおいしいパスタは、きちんとメンテナンスされた機器が支えています。「あのパスタのおいしいお店ね」とたくさんの人から言ってもらえるように、日本を代表するレストランチェーンにするために、これからもっともっと頑張っていきます。

システムについてきちんと把握して、
お店をサポートできるようになりたい。

高木 あかり(システム管理課/2013年入社)

 お店で使われているパソコンやレジ、お客様のオーダリング時に使用するハンディターミナルなどに不具合が生じた場合に、すぐ対応して、お店の営業が滞りなく進むようにサポートするのがシステム管理課の仕事です。主な業務は、データ作成です。

 お店の端末で使うデータや、食材や商品に関わるデータを組み合わせて、ご注文を受ける端末につかったり、店舗に送り込む食材の量を把握してソースの製造量を決めたり、いろいろなことに利用する重要なデータです。この仕事についてから、データからわかることがとてもたくさんあることに気づくと同時に、改めて扱うデータの重要性を実感しています。データを利用するシステムについてもまだまだ勉強中ですが、早くお店が安心できるサポートができるように、上司からも信頼して任せてもらえるようになりたいと思います。

社員やクルーが笑顔で楽しく、
やりがいをもって働けるジョリーパスタにしたい。

山岡 隆史(仕入課課長・業態改善室室長/2001年入社)

 業態改善室は、お店の店長や従業員が困っていることや、こうしたら効率が上がるんではないかというお店からの改善提案を受けて、それを実際に検証し具現化していくことで、お店から「ムダ」「ムラ」「ムリ」をなくしていく仕事です。それによって、結果的に正しく、やり直しといった「ムダ」や、できたりできなかったりという「ムラ」がなくなり、効率的に楽しく、「ムリ」なく働けるようにすることが目標です。

 一気に改善するというのはなかなか難しく根気のいる仕事ですが、社員やクルーが笑顔で楽しく、やりがいをもって働けるようにするために、重要なポジションだと感じています。時には、もう一つの仕入課業務もその特性を活かし、作業効率を改善するための道具や便利な器具などグループ力を活かして格安で導入したりもしています。
 食材と備品の供給や改善はマスの力で行いながら、サービスは町の小さなレストランのように細やかな気配りで、その地域になくてはならないレストランチェーンにしていきたいと思います。

STEP.4ジョリーパスタの
社長の想い
中期目標
を知ろう!

社長がこれからジョリーパスタのお店をどのようにしていこうと考えているのか、
ジョリーパスタという会社をどう変革していこうとしているのか。
また、ジョリーパスタの中期の数値目標を紹介します。

お客様の幸せを第一に考えて行動できる人が、
ジョリーパスタをより魅力的にしていく。
私はそう考えています。

代表取締役社長 堤 秀一

 まだ私が駆け出しの頃、先輩に“もっと丁寧に皿を洗って!お前がきれいに皿を洗ってくれないと、料理が台無しになってしまうんだよ。これじゃ、お客様においしい料理をお出しできないよ”と言われたことがありました。その頃の私は毎日皿洗いばかりで、他に何もさせてもらえませんでした。早く調理の仕事を学ばせてほしいとばかり思って、皿洗いに身が入っていなかったのです。はっとしました。私は自分のことばかり考えて、お客様という一番に考えなくてはいけない人のことをすっかり忘れていたのです。
 シェフだけでなく、食材の仕込みをする人だって皿を洗う人だって、おいしい料理をお出しするのに必要なチームの一員なんだ。おいしい料理を提供するのに必要なのはシェフだけじゃない、お店で働く人たち全員の“お客様を幸せにしよう”という思いが大切なんだと、そのとき先輩に気づかせていただきました。

 ジョリーパスタのおいしい料理をもっともっと世に広めたい。この本格的でリーズナブルな価格のパスタをより多くの人に召し上がっていただきたい。ジョリーパスタの味に自信のある私は、昔からずっとそう考えて働いてきました。
 そのためには、ジョリーパスタの一店舗一店舗がそれぞれひとつの強固なチームになって、ご来店いただいたお客様に喜んでいただけるよう、力を尽くさなければいけない。誰の力が欠けてもいけないのです。パスタを調理する人がお店の花形なのではなく、お客様のことを最優先に考えて働く人は全員がーバックヤードで食材を仕込んでいる人もパスタをテーブルに運ぶ人もー花形だと私は考えています。
 そして、ジョリーパスタで働いてみたいとお考えの学生の皆さん。
 私は『人と接するのが好きな人』『思いやりにあふれた人』に入社していただきたい。弁舌爽やかである必要はありません。寡黙でもいい。自分に関わる人を大切にする人が欲しいのです。お客様はもちろん、一緒に働く仲間、そしてお取引先のことまで考えて行動できる人を求めます。人を大切にできる人のまわりには、自然と人が集まってきます。そうした人たちが集まってできたチームが、活気のある店をつくり、さらにジョリーパスタを魅力ある会社にしていくのだと思います。
 あなたも、チームジョリーパスタの一員となって、たくさんのお客様を笑顔にしていきませんか。

257店舗(2019年9月30日現在)

  • 北海道・東北エリア

    7店舗
    北海道 1店
    岩手県 2店
    宮城県 4店
  • 関東エリア

    75店舗
    東京都 18店
    神奈川県 25店
    千葉県 15店
    埼玉県 12店
    茨城県 2店
    山梨県 3店
  • 中部・東海エリア

    23店舗
    静岡県 13店
    岐阜県 2店
    三重県 3店
    福井県 3店
    石川県 2店
  • 近畿エリア

    73店舗
    滋賀県 2店
    京都府 7店
    大阪府 33店
    兵庫県 24店
    奈良県 5店
    和歌山県 2店
  • 中国・四国エリア

    34店舗
    岡山県 7店
    広島県 15店
    山口県 8店
    島根県 2店
    愛媛県 2店
  • 九州・沖縄エリア

    36店舗
    福岡県 14店
    佐賀県 1店
    長崎県 2店
    熊本県 4店
    大分県 5店
    宮崎県 4店
    鹿児島県 3店
    沖縄県 3店
  • その他業態

    9店舗
    東京都 5店
    神奈川県 1店
    埼玉県 1店
    茨城県 1店
    山口県 1店
企業情報
本社 東京都港区港南2-18-1
JR品川イーストビル
所在地 東京都品川区南大井1-13-5
新南大井ビル14F
電話番号 03-6833-8833 (代表)
資本金 29億5808万円
設立 1971年9月18日
売上高 211億円 (2019年3月期)
正社員数 263名 (2019年3月末現在)

STEP.5ジョリーパスタの
採用情報を知ろう!

新卒採用

学生一人ひとりをしっかり見てくれている
会社だなと感じました。

武藤 茉奈美(媒体作成課/2017年入社)

 会社説明会に参加した時、大きな会社なのに学生一人ひとりをしっかり見てくれている会社だなぁと感じました。
 多くの会社がその場ではアンケートなどを記入して提出するだけ、後は個別にメールが返ってくるだけという対応で、「なんとなくそっけないなぁ、これがビジネスということなのかしら?」と思っていたので、ホッとした気持ちになり、質問することもできました。

 入社して媒体作成課という部署に配属されました。店舗で使うメニューやお客様に配布するクーポンやチラシ、ホームページなど目に入る媒体を扱う部署です。直接の上司だけではなく、他の部署の先輩たちもよく声をかけてくれて、人事担当者から受けた会社の印象は、入社してからも変わることはありませんでした。
 先輩社員たちの期待に応えられるよう、たくさん勉強して成長していきたいと思います。

新卒採用募集要項

採用学科 全学部、全学科
募集職種 【総合職】
●店舗運営…店長、ブロックマネジャー
●本部スタッフ…バイヤー、マーチャンダイザー、マーケティング、商品企画、販売促進、立地調査、用地開発、店舗開発、営業企画、人事、採用、教育、労務、経理、総務、情報システム
応募方法 自由応募
提出書類 履歴書、健康診断書、ほか
選考方法 適性検査、一次面接、最終面接
初任給 215,000円 *2019年4月入社(大卒)実績
諸手当 家族手当、残業手当、深夜勤務手当、交通費全額支給
昇給 年1回 (4月)
賞与 年2回 (6月/12月)
勤務地 北海道、岩手、宮城、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨、静岡、岐阜、石川、三重、福井、滋賀、和歌山、奈良、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、島根、愛媛、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
勤務時間 実働8時間 交代制
休日・休暇 年間104日(ローテーション制 月8~10日) *労働組合との協議により、毎年変動することがあります
福利厚生 夏季休暇、冬季休暇、有給休暇(初年度10日)、慶忌休暇 雇用保険、健康保険、労災、厚生年金、独身寮、財形貯蓄 従業員食事、総合福祉団体定期保険全額負担
新卒採用応募

中途採用

あなたを見ていてくれる人がたくさんいます。
とても働き甲斐のある会社だと思います。

小林 直樹(食品安全保証室係長・本部発注兼務/1998年入社)

 最初は飲食関係の小さな会社で働いていましたが、将来性のある会社に移りたいと思って、ジョリーパスタに転職しました。上場している外食企業は当時そんなに多くありませんでしたし、その頃ジョリーパスタが積極的に店舗展開していたのも転職の際の決め手になりました。
 入社してからは中途採用であっても能力主義で平等にチャンスが与えられたので、とてもやりがいを感じました。また、わからないことなどは先輩社員が教えてくれたので、とてもありがたかったです。

 今の部署には1年前に着任しました。お客様が安心してお食事をしていただけるよう食材や商品の安全を管理する部署です。大学時代に勉強していた食品化学の知識を生かせることもあり、とてもやりがいを感じています。
 ジョリーパスタには、がんばっている人を支えてくれる人がたくさんいます。とても働き甲斐のある会社だと思います。

中途採用応募 現在は募集しておりません。
TOP
STEP1 お店働く人を知ろう!
STEP2 能力開発ステップを知ろう!
STEP3 お店支える人を知ろう!
STEP4 社長の想い中期目標を知ろう!
STEP5 採用情報を知ろう!